News & Eventニュースとイベント

~背中を魅せる大人になる「おとこの学び場」~ 2017年 第1回「おとこ塾」が6月28日(水)に開催されます。

2017.06.17

detail_pic01

今回のテーマは「おとこの浪漫~飽くなき挑戦~」

 

メインスピーカー
寺田 陽次郎 氏

img_speaker01
(レーシングドライバー)
1947 年神戸出身。65年レースデビュー。74年から3年連続で富士ツーリストトロフィーレース優勝。スパフランコルシャン、デイトナ、ルマンの世界3大24時間レースに日本人として初出場。ル・マンには日本人最多29 回出場、クラス優勝4回。(株)マツダスピード退社後、97年(株)オートエクゼ創設。03年アジア人としてはあじめてACO 理事に就任。
モータースポーツ文化の架け橋役として活躍中。
東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト「Support Our Kids」発起人。

 

羽生 裕子 氏

img_speaker02
(東京水上倶楽部 代表取締役/カナルカフェ オーナー)
東京都新宿区出身。1996年、来年開場100 年を迎える東京水上倶楽部(皇居外濠のボート場)の代表取締役に就任。 同年、「都民の憩いの場を復活させたい」と同倶楽部内に、本格イタリアンレストラン「カナルカフェ」を創業、来月21周年を迎える。
ボート場、レストランの運営にとどまらず、NPO法人「日本橋川・神田川に清流をよみがえらせる会」のメンバーとして、河川の水質浄化活動に取り組み外濠にホタルを蘇らせたり、東日本大震災以降は、ボート乗船料を全額、東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト「Support Our Kids」に寄附したりするなど、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいる。

 

開催内容
自動車レースの最高峰、最も過酷と言われる、ルマン24時間耐久レース。
4回のクラス優勝を含め、現役レーサーとして29回の最多参加記録を持ち“Mr.ル・マン”として知られる日本を代表するレーシングドライバー、寺田陽次郎さん。
幼き頃、車に頂いた憧れは、やがて「いつか日本車で、日本人レーサーとして世界のひのき舞台に立ち日の丸をあげたい」という壮大なロマンへと昇華。
古希を迎えた今も走りたい情熱はやまず、今年6月ル・マンのサポートレース『Road to Le Mans』に参戦。 一方、氏がそうであったように、東日本大震災で被災した子ども達をル・マンに招待し自立心を育もうとする氏発案による画期的プログラムは着実に次世代の夢を紡いでいる。衰えを知らない“飽くなき挑戦”を支えるものに迫る。

皇居外濠。ここに来年開場100 周年を迎えるボート場、東京水上倶楽部がある。創業当時、初代東京市長後藤新平と創業者古川清は、欧米人に比べ骨格が貧弱な日本人の体格向上策を構想。東京初のボート場が誕生した。3代目羽生裕子さんは都内指折りの本格イタリアンレストラン『カナルカフェ』を創業。
社会の為、地域の為、次世代に浪漫を駆り立てられ、道なき道を切り拓く精神は脈々と息づいている。おとこ塾開塾以来初めての女性スピーカーの登壇。女性として、母親として、経営者としての浪漫とは。

お二人に共通する“飽くなき挑戦を支える浪漫”は、これから何処に向かうのか? 生い立ち、夢、逆境、転機、人生観に迫る。
あなたは、浪漫の扉をひらけるか?

 

2017年 第1回「おとこ塾」

[日程]2017年6月28日(水)

[時間]

・一次会:18時30分~20時30分
・二次会:20時45分~22時00分

[会場]八芳園(港区白金台)

[会費]一般/¥18,000(税込・お弁当付)※2次会に参加される方は、別途¥3,000の参加費が必要となります。

[持物]筆記用具

[お申込み]下記の宛先までメールにてお申込みをお願い致します。
———————————————————————
八芳園 経営企画室 担当 佐々木 宛
secretariat@happo-en.com
貴社名・ご参加者のお名前・ご連絡先を明記の上、
メールをお送り頂きますようお願い致します。
———————————————————————

お電話でのお問い合わせContact by phone

TEL:03-3441-7888[受付時間/Office Hours]10:00〜19:00

ご質問・お問い合わせQuestion inquiry

八芳園の最新情報を
メルマガにて配信中!Updates from Happo-en on e-mail newsletter