News & Eventニュースとイベント

インセンティブ -福岡県大川市×八芳園, コラボレーションから広がる可能性-

2017.07.23

detail_pic01

訪日外国人の増加に加え、日本人の中にも、もっと日本についての知識を深めたいという動きが広まっています。現在、様々なコラボレーションがブームになっていますが、そのコラボレーションをきっかけに、今まで知りえなかった新しい世界が開けたり、より深い関係を築けたりと言う相乗効果が期待できます。

 

福岡県大川市の職人さんの元に約200名の訪問が実現

先日行われた福岡県大川市との“包括的連携協定”締結後の第一歩として、

今回、大川市、大川市観光協会、そして八芳園が協力、大川市の職人の元に約200名のツーリズムが実現しました。

 

日本人はもちろん、訪日外国人の大川市への交流人口の増加推進をめざし、八芳園がプロデュースした大川市へのカンパニートリップ。インセンティブそしてツーリズム等様々な可能性を秘めた事例としてご覧ください。

 

img_news0724_07

 

大川のWAZAを世界へ

伝統的な日本の技術を使い、これまでにない新しいかたちを生み出す。

大川は元々、河川交通と海運の転換地点で舟の需要がある土地柄。

そこに舟大工が集住し、舟造りから現在の家具造りに伝統のWAZAが受け継がれています。そして、MUJYOANやKAGURAを生んだ福岡県大川市への訪問は、歴史や伝統、そして現地の人々にふれ、想いを知る、学びの深い時間を体験しました。

 

最初に訪れたのは福岡県大川市の藩境。藩境はその昔、柳河藩と久留米藩の境にあったという事が地名の由来。

待っていたのは、地元の方々の太鼓演奏による温かくエキサイティングなお出迎えでした。

 

img_news0724_02

 

300年変わらないお酢づくり

最初に伺ったのは、300年続くお酢の醸造元“庄分酢”の蔵元。

昔ながらの製法でありながら、手軽に美味しく飲めるお酢やドレッシング、そしてビネガーサイダーなども製造販売する、藩境で一番古い建物、蔵を見学。

色とりどりの飲むお酢や、お酢を使ったおいしそうな試食なども愉しむ事が出来ました。

 

img_news0724_05

 

幻の豪華列車に乗った組子

組子職人の西田さんの手掛ける美しい組子細工は、JR九州の日本初のクルーズトレイン「ななつ星in九州」、SWEET TRAIN「或る列車」にも採用されています。

今まで見たこともない、新しくてわくわくするような創作家具なども作られています。

木の持ち味を生かした伝統ある町の職人さんならではの技と技術、そして独創性が融合した面白い作品の展示やWAZAの実演が目の前で愉しめる明治蔵を見学。

 

img_news0724_03

 

WAZA CAFÉ

築160年の古民家を改装して創った、趣ある空間は、大川見学でほっと寛げる憩いの空間でした。筑後地方には畳の原料になる“い草”の産地として知られています。

赤く縁どりされた黒い畳、パッと目を魅かれる赤いい草の壁や天井。CAFÉ全体のインテリアからは伝統と革新が感じられる居心地のいい素敵な空間です。

趣溢れる店内では、至福のコーヒーをはじめ「あまおうスムージー」が大人気でした。

また、畳職人の石橋さんの作品展示をはじめ、コースターから、靴のインソールなど、伝統工芸を日常使いに出来るギフトも購入することが出来、国産100%のい草を使った空間は、8割以上を占める外国産のい草の製品とは比較できない程やさしく、いい香りがしました。

 

その他、創業文政11年の森田うるし店から、フランス仕込みの街角パン屋“パリ・モンスリー”も同居する街並みは一見の価値がある素敵な体験になりました。

 

img_news0724_04

 

プロセス井口

最後に訪れたのは、八芳園でもおなじみのMUJYOAN, KAGURA,をはじめ、バーカウンターや装飾など数多くコラボレートを重ねてきた“プロセス井口”の工場見学を実施。

実際に八芳園において、この秋以降に使われる家具や装飾の制作現場を実際に見学することが出来ました。職人さんの手の動き、真剣な眼差し。

実際に職人さんとふれ合う事で、作品に対する愛情を感じるとともに、想いが詰まった作品として、大切に扱う気持ちが更に高まる貴重な経験になりました。

 

img_news0724_06

 

九州を満喫するツーリズムとして

大川市のほかにも熊本城や島原観光、雲仙天草国立公園と温泉、また、大浦天主堂とグラバー園、出島観光、そしてハウステンボスや太宰府天満宮など、盛り沢山で九州の見どころを日程の許す限り愉しめました。

今回はカンパニートリップという形でしたが、魅力の多いこのエリアをもっと沢山の方々に知って頂くきっかけになれば幸いです。

 

大川市では今後、更に体験型のツーリズムを視野に入れた計画も着々と進んでいます。スペース関係で、体験した大川市の魅力を表現しきれませんでしたが、大川市と八芳園の包括的連携協定締結に続くツーリズムの実現をきっかけに、日本人、訪日外国人の大川市への交流人口の増加推進、そして、世界中から八芳園に訪れるゲストに向けて、更に日本の魅力、日本の伝統のWAZAを発信して行けるよう邁進して参ります。

 

 

大川観光協会公式サイト http://www.okawa-kk.com/

お電話でのお問い合わせContact by phone

TEL:03-3441-7888[受付時間/Office Hours]10:00〜19:00

ご質問・お問い合わせQuestion inquiry

八芳園の最新情報を
メルマガにて配信中!Updates from Happo-en on e-mail newsletter