News & Eventニュースとイベント

第2回「おとこ塾」~男の着想~ が2017年10月11日(水)に開催されます。

2017.09.27

detail_pic01

今回のテーマは「男の着想」

 

メインスピーカー
古田 貴之 氏

furuta

(千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長)

2000年、(独)科学技術振興機構ERATO北野共生システムプロジェクトにロボット研究グループリーダーとして所属。2003年より現職。2014年より千葉工業大学常任理事を兼務。福島第一原発で唯一全フロア踏破可能な災害対応ロボットを開発・提供。政府の原発冷温停止ミッションを遂行・成功させた。文部科学省「ユニバーサル未来社会推進協議会」副会長として2020年東京五輪でのロボット技術応用実技を目指す。

 

三浦 浩 氏

miura

(パラ・パワーリフティング49キロ級日本記録保持者、ロンドン・リオパラリンピック日本代表、株式会社東京ビッグサイト所属)
長渕剛さんなどのコンサートスタッフとして働いていた2002年。他ツアーの仕事中の事故で400キロのフォークリフトが倒れ脊髄を損傷、下半身不随に。その2年後、アテネパラリンピックでパラ・パワーリフティングを知り、競技者としてパラリンピックへの出場を目指すことに。リハビリを経て、健常者も参加する全日本実業団ベンチプレス選手権大会でMVPを2年連続獲得、2012年のロンドンパラリンピックでは9位入賞、昨年のリオパラリンピックでは5位入賞。現在は、2020年を目指しご活躍なされています。

 

開催内容

「僕がピンチになると燃えるのは『自分が進化するチャンス』と思うからです」と語る古田氏。難病から奇跡的に助かった少年時代に、下半身不随の車椅子の生活を送りながら「不自由が不自由でなくなる社会」を実現しようと心に誓われます。ロボット技術で社会全体が幸せになる為の努力を人生を懸けて徹底的に続けようと覚悟を決め、日々研究開発を続けておられます。

 

長渕剛さんなどのコンサートスタッフとして働いていた2002年。他ツアーの仕事中の事故で400キロのフォークリフトが倒れ脊髄を損傷、下半身不随になった三浦氏。その2年後、アテネパラリンピックでパラ・パワーリフティングを知り、競技者としてパラリンピックへの出場を目指すことに。昨年のリオパラリンピックでは5位入賞。現在は2020年の東京パラリンピックを目指しご活躍なされています。

 

不可能を可能に変え続けていらっしゃるお二方の着想に迫ります。

 

2017年 第2回「おとこ塾」

[日程]2017年10月11日(水)

[時間]

・一次会:18時30分~20時30分
・二次会:20時45分~22時00分(希望者のみ)

[会場]八芳園(港区白金台)

[会費]一般/¥18,000(税込・お弁当付)※2次会に参加される方は、別途¥3,000の参加費が必要となります。

[持物]筆記用具

[お申込み]下記専用サイトの「お申込みフォーム」よりお申込みをお願い致します。
おとこ塾サイト:http://www.otokojuku.club/event/event20171011.html

お電話でのお問い合わせContact by phone

TEL:03-3441-7888[受付時間/Office Hours]10:00〜19:00

ご質問・お問い合わせQuestion inquiry

八芳園の最新情報を
メルマガにて配信中!Updates from Happo-en on e-mail newsletter