News & Eventニュースとイベント

第3回「おとこ塾」男の挑戦 ~挑み続ける理由~ が2017年11月8日(水)に開催されます。

2017.11.04

detail_pic01

今回のテーマは「男の挑戦」~挑み続ける理由~

 

メインスピーカー

tomizawa

富澤 一誠 氏 (音楽評論家)

1951年長野県出身。70年、東京大学文科III 類に入学。のち中退。歌謡学校に通い歌手を志すが挫折。71年、音楽誌への投稿を 機に音楽評論活動に専念。ジャパニーズ・ポップス専門の音楽評論家として独自の人間生きざま論を投影させ、広く評論活動を展開中。92年、プロデュースしたアルバム『ASIAN VOICES』、同じく2010年の『あの素晴しい曲をもう一度~富澤一誠・名曲 ガイド。時代が生んだ名曲39曲~』で日本レコード大賞・企画賞を受賞。著書多数。

 

masuda

増田 太郎 氏 (ヴァイオリニスト)
5歳よりヴァイオリンを始め、20歳で視力を失うも、「ヴァイオリンを弾きながら歌う」という独自のスタイルを展開。生命力 あふれる演奏が民放各局・新聞各紙に取り上げられる。楽曲がNHK「みんなのうた」「世界わんわんドキュ」で放送された他、テレビ東京「美の巨人たち」のエンディングテーマにも採用。様々な著名アーティストのレコーディングやコンサートへの参加、楽曲提供を行う。被災地をはじめ学校やイベントでの演奏活動も精力的に展開。

 

開催内容

J‐POP を専門とする唯一無二の音楽評論を確立した富澤一誠さん。
45年余りに及ぶ評論・執筆活動を通して独自の生き様論を投影させ、世代を問わず“情熱的”に生きることを訴え続けている。
現在は各レコード会社に働きかけ、大人の音楽<Age Free Music>レーベルと<Age Free>な生き方の啓蒙に力を力を注ぐ。
音楽に対する理念は「いい曲、いいアーティストにチャンスを与えたい」。
一流アーティストに接して分かったこと、共通するもの、世界観。
新たな才能の発掘、育成など、挑戦していくために必要なことについて伺います。

 

そのパワフルな飽くなき挑戦を重ねる姿に共感した学校・自治体・企業などから相談を受け、「講演ライブ」という新たな取り組みにも力を注いでいる増田太郎さん。
「誰もがみんな素晴らしい可能性を持っている」との信念で、教育・人権・共生・多様性・障害など、あらゆるテーマに対して 言葉と音楽のチカラで想いをつなぐ《プラスα》のステージを展開。
「若者に元気になってもらう為にはまずは大人。大人の意地を見せたい」と語る増田さんに、幅広い世代の心を動かすチカラの源泉、挑戦心の引き出し方、大人としてのあるべき姿を伺います。

 

自身の経験を糧に、次代に向け、次世代へ向けて取り組んでいるお二人の挑戦に迫ります。

 

2017年 第3回「おとこ塾」

[日程]2017年11月8日(水)

[時間]

・一次会:18時30分~20時30分
・二次会:20時45分~22時00分(希望者のみ)

[会場]八芳園(東京都港区白金台1-1-1)

[会費]一般/¥18,000(税込・お弁当付)※2次会に参加される方は、別途¥3,000の参加費が必要となります。

[持物]筆記用具

[お申込み]下記専用サイトの「お申込みフォーム」よりお申込みをお願い致します。
おとこ塾サイト:http://www.otokojuku.club/event/event20171108.html

お電話でのお問い合わせContact by phone

TEL:03-3441-7888[受付時間/Office Hours]10:00〜19:00

ご質問・お問い合わせQuestion inquiry

八芳園の最新情報を
メルマガにて配信中!Updates from Happo-en on e-mail newsletter