News & Eventニュースとイベント

新元号が発表!平成最後のお花見を日本庭園でゆったりと HAPPO-EN MICE LETTER April 1, 2019 Vol.0145

2019.04.01

detail_pic01

染井吉野が満開となり、
新元号「令和」が発表され、
新しい歴史が始まろうとしています。

 

 

平成最後のお花見を楽しむことができるのもあとわずか。
八芳園の庭園ではしだれ桜・八重桜・御衣黄が見ごろを迎えます。

 

本日、5月1日からの新元号が発表されました。
新元号は「令和」。
ニュースによりますと、これまでと違い中国ではなく日本の古典「万葉集」から出典されたものは初めてではないか?と言われています。
より「日本」というものを意識しながら、「日本」の文化や魅力を新しい切り口で伝えていけるようなコンテンツ作り、イベントプロデュース力を磨き役に立つ八芳園となるよう、想い新たに取り組んで参ります。

 

 

 

2019040102

 

そして平成も残すところあと1か月。
平成のお花見を愉しむことができるのはあと1週間ほど。
八芳園では染井吉野が満開となり、鮮やかなピンク色の「しだれ桜」「八重桜」、淡い緑色が珍しい「御衣黄」が、これから満開を迎えます。

 

 

2019040103

 

「御衣黄」は八重桜の一種で、江戸時代初期に誕生し、貴族が気品のある色として好んだ萌黄色の衣服を思わせることから、江戸時代中期に名づけられたと言われています。
通常のピンク色をした桜の花弁と違い、色の変化も楽しめる珍しい桜で、満開に近づくと花の中心部がピンク色へと変わります。

 

「御衣黄」のように新しい時代へと徐々に変化していく4月。
平成最後のお花見を歴史ある庭園でゆっくりとお過ごしください。

お電話でのお問い合わせContact by phone

TEL:03-3441-7888[受付時間/Office Hours]10:00〜19:00

ご質問・お問い合わせQuestion inquiry

八芳園の最新情報を
メルマガにて配信中!Updates from Happo-en on e-mail newsletter