Our Team私たちのチーム

京都 箔師 裕人 礫翔

detail_pic01

1962年京都・西陣生まれ。西陣織に使われる箔の技法を父より受け継ぎ、空間やアート、ライフスタイル分野にも展開。
日本のみならず世界各国に箔の魅力を伝える活動で世界中から注目を浴びる。
また、国内外の博物館に収められた文化財の複製にも携わり、経済産業省が認定する伝統工芸士として、多数の作品を寄贈・ー般公開している。

特に、建仁寺に奉納された国宝「風神雷神図屏風」の高精細複製では、独自に発展させた箔技術を駆使し、当時の風合いを緻密に再現したことで有名。
国内にとどまらず、シアトル美術館、メトロポリタン美術館等の海外に所蔵される作品の複製プロジェクトにも協力している。

箔工芸士としての多岐に渡る活動の中で、装飾にとどまらない、箔そのものの「箔面」を見せる作品を創作し続けている。
八芳園 では、礫翔さんが大分県中津家具と共同でつくった、金箔を使ったモダンキッチンを披露します。

お電話でのお問い合わせContact by phone

TEL:03-3441-7888[受付時間/Office Hours]10:00〜19:00

ご質問・お問い合わせQuestion inquiry

八芳園の最新情報を
メルマガにて配信中!Updates from Happo-en on e-mail newsletter

pagetop