おふたりのヒストリーをお聞かせください。
結婚式というかけがえのない一日のストーリーをつくるには、ふたりのヒストリーを知ることで、もっと素敵なストーリーになる。
わたしたちは、そう考えます。

2015年8月、八芳園の最上階に、私たちがどうしてもつくりたかった場所がオープンしました。
その名は、「FURUSATO」(ふるさと)。
この場に足をふみいれた瞬間から、ご親族にはなつかしく、ゲストには発見がある。
そんな、おふたりのストーリーでゲストをおもてなしできる、プライベートな空間です。

披露宴のはじまりは、たとえばおふたりのふるさとへゲストがトリップできる、映像とウエルカムドリンクでお迎えしてはいかがでしょう。
そして会場の中でふるまうお料理は、心に残る想い出の一品からスタート。
おふたりの世界にひとつのストーリーを、映像や音楽、数々のサプライズが盛り上げ、ゲストとの絆が深まってゆきます。

おふたりにもゲストにも、一生忘れられない、時間をお過ごしいただける「FURUSATO」(ふるさと)。どうぞご体験ください。

FURUSATO LOUNGE
専用ロビーのある上質空間

「Story of Journey ストーリー・オブ・ジャーニー」
おふたりがどんな町で生まれたのか
そしてどんな場所で育ってきたのか
大切なゲストの皆様におふたりのヒストリーを知ってもらい、披露宴に向かっていただきたい。
「FURUSATO LOUNGE」では、そんな想いをこめた映像が流れ、披露宴への期待感を高めます
撮影は、生まれ育った土地、学校、いつも通ったあの場所など、おふたりのルーツを辿ります

ご親族には懐かしく、ゲストの皆様には新しい発見がある
そんな、おふたりのストーリーでゲストをおもてなしできる、プライベートな空間。
披露宴のはじまりは、おふたりのふるさとへゲストの皆様がトリップできる、「Story of Journey」でお迎えしてはいかがでしょう

SACRE[サクレ]
最上階のお部屋で日本庭園の四季を感じる

鳥が山へ帰り、月がのぼり、一番星が瞬くとき
それが、実り(おふたりが結ばれる)のとき
まさに結婚式は、幸せ実るおふたりの収穫祭
ススキが風にたなびく情景は、おふたりの未来への旅路の魔除けを意とし、実り巣立つおふたりの旅路を祝います

ETERNITY[エタニティ]
水面に広がる波紋の美しさを永遠に・・・

ツンッと水に触れると、その水紋の輪がどこまでも広がっていく
それは、おふたりからはじまる幸せの輪
はじまりの日(誓い合った結婚式)の今日から、おふたりの輪が広がる
流れる水は、いつまでも絶えることなく、恵みの潤いを与えてくれる
ずっと絶えることなく続いていく
小さな輪から大きな輪に広がり、未来へ続いていきます

ウエディングフェア開催中

試食付フェア、模擬挙式等ご希望のフェアを通して、
専任スタッフとお話をして頂きながら、おふたりの想いをカタチにしてまいりましょう。
まずはお気軽にご予約・お問い合わせくださいませ。

八芳園プランナーが語る。
6Fフロアリニューアルの全貌

八芳園 婚礼課リーダー 鈴木
聞き手:八芳園企画室 志田

この度のリニューアルに至ったきっかけを聞かせてください。

結婚式当日、八芳園に限らず、どの式場も、挙式からご披露宴の間に大体30分くらいの空白の時間が生じています。そのお時間は式場からの移動や受付、食前酒を飲みながらのご歓談、ウエルカムボードを見るなど、各々過ごしていただいていますが、ゲストの中には、早くお料理を食べたいという方、時間を持て余してしまっている方もいらっしゃいます。私達としては、そのお時間を何とか有意義に過ごしていただけないか、もっと有効活用できないかと考えたんですね。そんな想いから、今回この6Fをリニューアルすることになりました。

ゲストの方にとって有意義な時間・場所とは、どのようなことですか?

これは、6Fをイメージした模型です。ここから集合写真を撮られた皆様が上がってきて先にご来賓やゲストの方々が上がって来られます。到着されますと、ここで受付をするのですが、その後のお時間を過ごしていただく場所がこのラウンジなんです。ここでは食前酒を飲みながら披露宴のスタートをお待ちいただくだけではなく、実はここで、ある映像を上映できるんです。映像といいますと、プロフィールDVDなどを想像されるかと思うのですが、それはおふたりのことを主体・軸として、おふたりとご家族との思い出やご友人との思い出などを編集し、上映するものです。ここで流すのはプロフィールDVDではないんです。おふたりの故郷・ふるさとの映像を上映しようと考えているんです。しかも、その素材を撮影・取材するために、八芳園の取材班が、おふたりのふるさとに本当に行って、おふたりが通った学校、通学に使っていた電車や駅、学校帰りに寄り道していた駄菓子屋さんやご近所の思い出の場所を、我々が直接取材に行こうと考えているんです。

なぜそのようなことを考えたのですか?

例えばご新婦様側のご友人で、ご新郎様のことを知らない方もたくさんいらっしゃると思いますし、ご新婦様もまだ知らないご新郎様の一面ってあると思うんですよ。ぜひ、そういった部分をご披露宴前に映像で見て、知っていただくことによって、本当の意味でご新郎様のことを知って、ご新婦様のことを知って、披露宴に入っていただくことができる。それが実現すると、披露宴のスタートにおいて、これまでと全く空気感が違うと思うんです。よく聞く主賓挨拶も、「よく働いてくれて、何年に入社して、今はこういう事業部でこういう担当をしているんです。」というお話から始まると思うんですけども、おふたりを知ることができる映像をご覧になってから、ご披露宴に入りますと、こういう一言から始まると思うんですね。「あの映像良かったですね。新郎〇〇君は、ああいうところで育ったんですね。あったかいですねー。」と、ご新郎様の人としての話をしてくれると思うんです。そして、ゲストの皆様も共感していただき、温度の上がった状態で披露宴がスタートできるのも、この映像の大きな魅力のひとつだと思っているんです。

私も新婦友人の立場で出席した結婚式で、「新郎さんってどんな人なんだろうね?」っていいながら、おめでとうの声掛けや、写真を撮るくらいしかご新郎様と触れ合えなかったりもするので、すごく魅力的です。

そうなんです!このラウンジでは、ご新婦様の地元のご友人たちは「ああ、懐かしいね。」「ここ覚えてる!」「なんかウチのお母さん映ってる!?」なんて言いながら、ゲスト同士でも会話が広がって、すごく楽しいお時間を過ごしていただけます。ですので、待たされているという気持ちよりは、「これから披露宴楽しみだね!」という、気持ちになっていただけるのではないかと思います。 わたしたち八芳園は、おふたりの想い出で、演出する新しいウエディングコンセプト「Furusato」をご提案してまいります!ブライダルフェアで詳しい情報や、特典なども紹介していますので是非足をお運びください!

ウエディングフェア開催中

試食付フェア、模擬挙式等ご希望のフェアを通して、
専任スタッフとお話をして頂きながら、おふたりの想いをカタチにしてまいりましょう。
まずはお気軽にご予約・お問い合わせくださいませ。

ご予約・お問い合わせ