結婚式場を東京でお探しなら【八芳園】

ニュース NEWS

親御さまへの結婚挨拶に持っていく手土産のマナーと
おすすめの品5選

トピックス2022年1月7日

親御さまへの結婚挨拶に持っていく手土産のマナーとおすすめの品5選

気持ちを確かめ合い、結婚することが決まったら、最初に行うことがお互いの親御さまへのご挨拶です。相手のお宅へお伺いする際に必要となるのが「お手土産」。持参するお手土産の相場はどれくらいで、どのようなものが喜ばれるのでしょうか。この記事では相手の親御さまに好印象を残すことのできる手土産の選び方をご紹介します。

手土産は3000円くらいを目安に選びましょう

手土産は3000円くらいを目安に選びましょう

結婚挨拶の手土産の相場は3,000円くらいです。手土産はあまり高価すぎても相手に気を遣わせてしまいます。高くても5,000円くらいにとどめるようにするのがいいでしょう。

手土産を選ぶときの3つのポイント

手土産を選ぶときの3つのポイント

結婚挨拶の手土産を選ぶ上で大切な3つのポイントをご紹介します。

■個包装など分けられるものを選ぶ

結婚挨拶の手土産は、その日に食べきらなくてもいいように日持ちするものを選ぶのがポイントです。生菓子などの賞味期限が短いものは、「生ものですから早めに召し上がってくださいね」といえる間柄になってからがいいでしょう。個別に包装されている焼き菓子などは切り分ける手間いらずで喜ばれます。

■贈る相手の好みに合うものを選ぶ

あらかじめ相手の親御さまの好みをパートナーに聞いておきましょう。もし具体的に好みがわからない場合は、「甘いものが好きかどうか」を確認して、お好きな場合は和菓子、洋菓子どちらが好みかも知っておくと選びやすくなります。甘いものが得意ではない場合は、お酒がお好きかを確認して、お好きな場合は洋酒(ワイン、ウイスキーなど)、日本酒や焼酎など、嗜まれない場合は果物を使ったゼリーなどを選んでみるといいでしょう。

■有名店や高級感のあるお菓子を選ぶ

相手の親御さまの好みやお人柄が分からないようでしたら、老舗や有名店のお菓子を選ぶのが最適です。お贈りするときに「とてもおいしいと評判でしたので〇〇〇〇をお持ちしました。よろしかったら皆様でお召し上がりください」と、どのようなものを選んだかを伝えられたら話題を広げるきっかけにもなります。

結婚挨拶の手土産におすすめのお菓子5選

手土産は、「よろしくお願いします」の気持ちを表現した大切なもの。贈って喜ばれるおすすめのお菓子を厳選してご紹介します。

幅広い世代に喜ばれる逸品「阿闍梨餅(あじゃりもち)」

幅広い世代に喜ばれる逸品「阿闍梨餅(あじゃりもち)」

京都土産の定番として知られる「阿闍梨餅」は、1856年創業の「満月」の2代目が生み出した半菓子。餡はあっさり、皮はもっちり。世代を選ぶことなくおいしく味わえるお菓子です。

■阿闍梨餅本舗満月 本店

「阿闍梨餅(あじゃりもち)」(118円/個)
お取り扱い店舗のご紹介はこちらから
http://www.ajyarimochi.com/a_toriatukai.html

自分で作れるから楽しい「IROMONAKA(いろもなか)」

自分で作れるから楽しい「IROMONAKA(いろもなか)」

1803年創業の京菓子の老舗「鶴屋吉信」が作る「IROMONAKA」は、食べやすいひと口サイズの最中。天然の素材でかわいらしい色で染めた最中だねは、サクサクとした食感が魅力。しっとりとなめらかな餡を付属の木べらで瓶からすくい、最中だねに塗っていただきます。

■京菓匠 鶴屋𠮷信

「IROMONAKA」(2700円)
お取り扱い店舗のご紹介はこちらから
https://www.tsuruyayoshinobu.jp/product/dp/iromonaka

しっとりとした口どけのフィナンシェとマドレーヌの詰め合わせ

しっとりとした口どけのフィナンシェとマドレーヌの詰め合わせ

1969年に兵庫・芦屋に創業した「アンリ・シャルパンティエ」は、焼き菓子の名店です。「アンリ・シャルパンティエ」の顔ともいえるフィナンシェは、厳選したアーモンドとコクのある発酵バターの香りが優雅。ラム酒とレモンが香るマドレーヌも創業時から愛され続ける逸品です。

■アンリ・シャルパンティエ

「【焼きたて】フィナンシェ・マドレーヌ詰合せ24コ入り」(3564円)
オンラインショップはこちらから
https://www.suzette-shop.jp/shop/g/g2142/

体に優しいグルテンフリーの焼き菓子詰め合わせ(3500円)

体に優しいグルテンフリーの焼き菓子詰め合わせ(3500円)

2021年7月に湘南・茅ケ崎にオープンした「BON BON DE K(ボンボンドゥカー)」は、グルテンフリーの焼き菓子専門店。国産米100%の米粉にこだわって、白砂糖を使わずにきび砂糖と蜂蜜、北海道産のバターで風味を出したフィナンシェは早くも話題になっています。

■BON BON DE K

「フィナンシェと焼き菓子の詰め合わせ」(3500円)
オンラインショップはこちらから
https://bonbonsdek.base.shop/items/56206784

日本の味を堪能できる和のガトーショコラ

日本の味を堪能できる和のガトーショコラ

日本の四“季”と八芳園の庭園を“季”節“を持ち帰っていただきたいという想いから誕生したスイーツブランドの「kiki」。親御さまへの手土産としておすすめのガトーショコラは、パウンド生地に日本全国から厳選した8つの四季の素材と、隠し味にホワイトチョコレートを合わせて心を込めて焼き上げています。素材が香しっとりとした食感、そして日本の四季をお楽しみいただけます。

■kiki

「ガトーショコラ8個入り」(2160円)
オンラインショップはこちらから
https://kiki-chocolate.jp/products/gateau_regular_8

この記事では結婚挨拶の手土産におすすめのお菓子を厳選してご紹介しました。なお、用意する手土産に熨斗(のし)を付けるかどうかというご質問を多くいただきますが、結論からお伝えするとその必要はありません。「よろしくお願いします」という気持ちと、挨拶のために時間を設けてくださった感謝の気持ちで、お祝い事の贈り物ではないからです。
手土産を購入するタイミングですが、1週間前には手元にあるように準備すると安心です。相手の親御さまに喜んでいただけるような納得のいく手土産選びを楽しみましょう。