結婚式場を東京でお探しなら【八芳園】

ニュース NEWS

顔合わせ食事会の準備の進め方と当日の流れ

結婚準備2022年4月14日

顔合わせ食事会の準備の進め方と当日の流れ

顔合わせ食事会は、その言葉どおり、両家が顔を合わせて食事をしながら親睦を深め合う日のことを指します。とてもたいせつな1日となりますので、準備を進めるにあたってのポイントや当日の進行の流れを把握しておきましょう。

顔合わせ食事会の準備スケジュール

Q:仕事と育児を両立させながら、結婚式の準備もできるのでしょうか?

【1】どのような顔合わせ食事会にするかを決める

記念品の交換を行うなど結納の流れを汲んだ会にするのか、親睦を深めることを重視してアットホームな食事会にするかなど方向性を決めておきましょう。方向性を決める段階で親御様に相談するのも一案です。

【2】日程を決める

顔合わせ食事会は、結婚式の3~6か月前に行うのが一般的です。日柄にこだわる場合は、大安、友引、先勝を選び、午前中からスタートするようにしましょう。

【3】場所を決める

お互いの地元が離れている場合には男性側が女性側の地元に出向くのが一般的です。近年はそれぞれの負担を平等にするため、中間地点でという選択も主流になってきています。ホテルや料亭、レストランの個室が人気です。

【4】費用分担を決める

食事代のほか、個室を利用する場合には個室使用料が必要な場所もありますので確認をしたうえで分担の仕方を両家で話し合っておきましょう。男性側または女性側の地元で行い、かつ遠方の場合には、宿泊費や交通費も発生します。それも含めて分担の割合を決めるといいでしょう。

【5】服装を決める

一方がフォーマルで、一方がカジュアルというように「格」が不揃いにならないように注意しましょう。服装を選ぶ際には、食事会の場所の雰囲気に合わせて決めるのがベストです。おふたりの服装は、男性は黒やグレー系のスーツ、女性は丈の短すぎない落ち着いた色のスーツやワンピースを。アクセサリーは派手なものを避けてワンポイント程度に。

【6】進行内容を決める

和やかな中にも礼儀を保った宴席にするために、進行役を決めておいて事前の当日の流れを計画しておくと安心です。進行役は一般的には男性が行います。

【7】手土産を決める

顔合わせ食事会の前日までに手土産を用意しておきます。金額の差が生じないように予算を決めておいて、それぞれの親御様と相談しながら選びましょう。

顔合わせ食事会の進行例

顔合わせ食事会の進行例

顔合わせの食事会の大まかな流れ、挨拶する内容などを決めておくと当日に慌てずに進行することができます。食事会の中で記念品交換の演出を加える場合には贈り物の準備も忘れずに。

【1】両家集合

男性、女性それぞれの家族をエスコートして会場へ。着席後、ひと息ついて落ち着いたら男性が開会の挨拶を行います。

【2】始めの挨拶

男性側のお父様、または男性本人が挨拶を行います。挨拶の際に、両家の挨拶の場として食事会の席を設けたことなどの趣旨説明を盛り込むのもいいでしょう。

【3】両家の紹介

男性、女性本人が家族の紹介を行います。名前のほかに人柄や趣味なども交えて紹介するとアットホームな雰囲気に。

【4】婚約記念品の交換

婚約指輪や腕時計などの身に着けるものを贈る時には、その場で実際に着けることでセレモニー感が増します。

【5】乾杯

乾杯の音頭は男性が行います。なお、乾杯と婚約記念品の交換は前後しても大丈夫です。

【6】両家で記念撮影

記念撮影は、アルコールがたしなんで顔が赤らむ前に行うのがベストです。ホテルや結婚式場など、会場内に写真室がある場合には利用するのも一案です。

【7】会食・歓談

料理はアラカルトではなくコースにしたほうが無難です。アラカルトの場合は食事の進み具合などにも配慮しなければならず、予算オーバーにもつながります。また、コースにすることで進行のタイミングを計ることもできます。

【8】結びの挨拶

男性、女性本人が順に挨拶を行います。親御様へのお礼の言葉のほかに、これから始まる結婚準備の力添えをお願いする言葉を加えると印象的に締めくくることができます。

結婚式場の下見を兼ねた食事会の会場選び

結婚式場の下見を兼ねた食事会の会場選び

結婚式場の下見を兼ねて、両家顔合わせの食事会の場所を選ぶ方も多くいらっしゃいます。式場を決定する前に親御様も一緒に会場の雰囲気を確かめることで、その後の準備がスムーズに運ぶようにもなります。

八芳園では、両家顔合わせの食事会に最適な会場やお食事プランをご用意しています。

iwai Plan(土日祝日限定)

■iwai Plan(土日祝日限定)

詳しくはこちら

壺中庵 ご結納・お顔合わせ

■壺中庵 ご結納・お顔合わせ

詳しくはこちら

経験豊富なスタッフが進行に関しての相談も承っていますので気軽にお問い合わせください。