結婚式場を東京でお探しなら【八芳園】

ニュース NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • 結婚式で人気のお花...

結婚式で人気のお花の種類と花言葉

結婚準備2022年6月30日

結婚式で人気のお花の種類と花言葉

会場装花やブーケなど、印象的なウエディングを創り上げるにあたってお花は必要不可欠です。ウエディングでは、どのようなお花が人気なのでしょうか。一年を通して手に入れることのできるお花と季節限定のお花の種類を花言葉付きでご紹介します。

一年を通して入手可能なウエディング定番のお花

季節を問わず手に入れやすく、ウエディングブーケをアレンジする上で人気のある定番のお花をご紹介します。

【定番のお花①】バラ

【定番のお花①】バラ

大ぶりなものから小ぶりなものまで、色合いもさまざまな種類が存在するバラは、古来より美しさや愛の象徴として憧れられるお花です。花言葉は色によって意味合いが違ってきます。
【色別のバラの花言葉】
■赤いバラ・・・あなたを愛しています、愛情、情熱
■白いバラ・・・心からの尊敬、相思相愛、純粋な想い
■ピンクのバラ・・・上品、愛の誓い、温かな心
■青いバラ・・・神の祝福、夢が叶う

【定番のお花②】コチョウラン

【定番のお花②】コチョウラン披露宴会場/エール

花びらの形が蝶に似ていることからその名がついた「コチョウラン(胡蝶蘭)」。ラグジュアリーをテーマにしたウエディングにも、和テイストのウエディングにもよく似合います。ひらひらと舞う蝶が幸せを運び届けるということから「幸福がやってくる」という花言葉があります。白いコチョウランには「純粋」、ピンクのコチョウランには「あなたを愛しています」という花言葉もあります。

季節限定のウエディングで人気のお花

開花する時期や見頃を迎える時期が決まっている季節限定のお花の中でもウエディングで人気のお花を厳選してご紹介します。

【季節のお花①】春~初夏(4~6月)シャクヤク

【季節のお花①】春~初夏(4~6月)シャクヤク

「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」と謳われるようにシャクヤク(芍薬)は女性の美しさを象徴するお花の一種です。お花が大きく豪華なのでウエディングブーケとしても大人気です。お花が日没とともに閉じる習性に由来して「恥じらい」「謙遜」などの花言葉を持っています。
【色別のシャクヤクの花言葉】
■赤いシャクヤク・・・誠実、威厳
■白いシャクヤク・・・幸せな結婚
■ピンクのシャクヤク・・・はにかみ

【季節のお花②】夏(7~8月)ヒマワリ

【季節のお花②】夏(7~8月)ヒマワリ披露宴会場/エール

英語で「Sunflower(太陽の花)」と呼ばれるヒマワリは、光り輝く夏の季節を代表するお花です。ブーケではヒマワリとグリーンだけでシンプルにアレンジするデザインが人気で、会場装花もヒマワリを中心にアレンジすることで明るい雰囲気に仕上げることができます。花言葉は「憧れ」「熱愛」「あなただけを思っています」など。

【季節のお花③】秋(9~11月)ダリア

【季節のお花③】秋(9~11月)ダリア

迫力のある大輪の花を咲かせるダリアは、秋のウエディングフラワーとして大人気です。ボリューム感たっぷりにアレンジしたブーケとマーメイドやスレンダーなラインのドレスは相性抜群です。キク科のお花と言うこともあって和をテーマにした衣裳や会場装花にもよく似合います。ダリア全体の花言葉は「華麗」「気品」「優雅」。
【色別のダリアの花言葉】
■赤いダリア・・・華麗、栄華
■黄色のダリア・・・栄華、優美
■白いダリア・・・豊かな愛情、感謝

【季節のお花④】冬~春(12~5月)スイートピー

【季節のお花④】冬~春(12~5月)スイートピー

蝶が羽ばたく瞬間を捉えた花姿から「門出」の花言葉を持つスイートピーは、春に咲くお花のイメージがありますが、冬から早春にかけて開花する「冬咲き品種」というものがあり、11月から4月に最も多く出回ります。
【色別のスイートピーの花言葉】
■赤いスイートピー・・・門出、優しい思い出
■白いスイートピー・・・ほのかな喜び
■ピンクのスイートピー・・・繊細、優美
■紫のスイートピー・・・永遠の喜び

この記事では、会場装花やウエディングブーケに用いられるお花で人気の種類と花言葉をご紹介しました。衣裳の雰囲気や好み、またウエディングのテーマに合わせてお花を選ぶことが最もたいせつですが、花言葉を知ると準備がより楽しくなってきます。ぜひ参考になさって下さいね。