結婚式場を東京でお探しなら【八芳園】

ニュース NEWS

結婚指輪の基礎知識

トピックス2022年1月20日

常に身に着けるものだからこそ、しっかりと選びたい結婚指輪(マリッジリング)。
気になる結婚指輪の相場や選ぶ時のポイントとは、そして、どうして左手の薬指に指輪をするのか。この記事では、購入する前に知っておきたい結婚指輪選びの基礎知識をご紹介します。

結婚指輪の相場は?

結婚指輪の相場は?

ブライダル総研が毎年行っている「ゼクシィ結婚トレンド調査2020」によると、結婚指輪(2人分)の購入金額の平均は25.1万円(全国推計値)。
選ぶデザインや素材、ボリューム、ブランドによって金額が変動しますが、20~40万円が中心の価格帯です。

結婚指輪はどうして左手の薬指にするの?

結婚指輪はどうして左手の薬指にするの?

古代ギリシャでは、左手の薬指の血管が直接心臓とつながっていると考えられていました。
心臓が感情を司っているとされていたため、左手の薬指に「永遠の愛」を誓う結婚指輪をはめるようになったのが始まりといわれています。
また、西洋では左手は「信頼」、薬指は「愛情」を意味していたため、という説もあります。
とはいえ、左薬指に着けなければいけないという決まりはございません。
長くつける結婚指輪のため、負担のない場所に着けてくださいね。

結婚指輪はどうやって選ぶの?

結婚指輪はどうやって選ぶの?

結婚指輪は、毎日身に着けるもの。デザインはもちろん重要ですが、なんといっても着け心地が選ぶ上での最重要ポイントになります。指輪を試着してみたら、手を握ったり開いたりして、違和感がないか確かめてみましょう。
なお、結婚指輪は必ずお揃いを選ばなければいけないという決まりはありません。おふたりそれぞれの好みに合わせてお選びになり、内側の刻印だけ同じ装飾をあしらったり、メッセージを添えたりすることで、おふたりの絆を感じることもできます。

いかがでしたか?
一生身に着ける結婚指輪だからこそ、ぜひおふたりに合った指輪選びを楽しんでくださいね。